総合的な2ch/5ch情報まとめサイト。通称「ぜん速(ぜんそく)ZENSOKU」
    ネット上に溢れる情報から厳選したホットでクールなニュースをお届け。世の中の流行を知りたいけれど忙しくてニュースを見てられない方はこのサイトに目を通して頂くとほぼ情強に!!
    これで君も情弱卒業!情報の最先端!明日から学校のみんなに自慢しちゃおう!

    ファッション

    1: ノーブランドさん 2016/10/11(火) 21:08:47.35 ID:Hs7USNMy0
    現在において、ファッションに力を入れるメリットや楽しみは、
    昔と比べて薄れていると考えるのですが、
    皆さまの意見を教えてください。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13163850843
    上記の理由を書きます。
    ①アパレルの品質がどんどん落ちていると感じる。(15年くらい前、2000年代初頭から)
    ②過剰のおしゃれは、一般人には必要ない。清潔であればよい。
    ③おしゃれにはセンスと経験値が必要不可欠であり、お金がかかりすぎる。

    特に①の品質低下は、おしゃれの意欲を減退させます。
    ★高い金を出して★、
    ■ユニクロ以下の耐久度の服を買うのは■、
    疲れます。

    上記の理由から、普段着(職場では私服が認められている)は、上は無印のボタンダウンシャツ、下はユニクロのレギュラーチノ(濃紺)です。
    靴は、NBのMRL996のベーシックなカラーを選択します。
    非常にシンプルで気に入っています。

    これが休日になるとギャンバートのボタンダウンシャツ、リゾルトのジーンズになります。
    あまり代わり映えしませんね。

    普段着のシンプルでいて、間違いのないファッションをするには、
    ある程度のセンスと経験値が必要なのは確かですが、
    ①②③の理由から、ファッショニスタでもない限り、
    おしゃれに時間とお金を投資する価値は、昔よりも薄れていると考えるのですが、
    皆さまの意見を教えてください。

    よろしくお願いします。

    【ブランド?ぷっ(笑)。ネットのせいでファッションは衰退した!】の続きを読む

    このページのトップヘ