総合的な2chまとめサイト。通称「ぜん速(ぜんそく)ZENSOKU」
    2chの全板・全ジャンルから厳選したホットでクールなニュースをお届け。世の中の流行を知りたいけれど忙しくて2chを見てられないって方はこのサイトに目を通して頂くとほぼ情強に!!
    これで君も情弱卒業!情報の最先端!明日から学校のみんなに自慢しちゃおう!

    社会

    1: 以下、全速でVIPがお送りします 2017/03/03(金) 03:08:42.773 ID:TZGwtMtcp0303
    あと一つは?

    【3大街頭インタビュー名言「ないんだな、それが」「乗るしかないこのビッグウェーブに」「働いたら負け」】の続きを読む

    1: 既にその名前は使われています@zensoku.link 2017/02/10(金) 19:30:24.38 ID:wqSx1qN3
    「国の借金」昨年末1066兆円まで拡大 過去最大を更新、国民1人840万円

     財務省は10日、国債と借入金、政府短期証券を合計した「国の借金」の残高は2016年12月末時点で1066兆4234億円となり、過去最大を更新したと発表した。17年1月1日時点の総人口1億2686万人(総務省推計)で割ると、国民1人当たり約840万円の借金を抱えている計算になる。

     前回発表の16年9月末時点に比べ3兆8488億円の増。リニア中央新幹線などの財政投融資に充てる財投債の発行や、高齢化で増え続ける社会保障費が影響した。16年度末の借金残高は過去最大の1116兆4千億円となる見通しだ。

     昨年12月末の借金の内訳は、国債が昨年9月末から2兆7762億円増の928兆9145億円と、過去最大だった。金融機関などからの借入金は5728億円増の54兆2597億円。一時的な資金不足を穴埋めするための政府短期証券は4999億円増の83兆2492億円だった。

    http://www.sankei.com/economy/news/170210/ecn1702100034-n1.html

    【日本の借金が1人当たり840万円 お前ら借金返せよ】の続きを読む

    1: 以下、全速でVIPがお送りします 2017/01/17(火) 08:39:57.108 ID:3de598s60
    資本主義やっぱぶっこわれてるな
    はよ革命起こせよ

    【世界の大富豪 上位八人で50兆円→35億人分の資産という驚愕の調査結果←これなんだけど】の続きを読む

    1: バックドロップホールド(北海道)@全速モード 2016/12/29(木) 18:40:16.83 ID:hViu4N6Q0 BE:299336179-PLT(12500) ポイント特典
    電通の新入社員だった高橋まつりさんが過重労働を苦に自殺した問題はついに、同社の石井直社長が辞任を表明する事態へと発展した。

     その衝撃は大きく、海外メディアも相次ぎ報道。「日本においては長い間、遅くまで残業することは会社に対する忠誠心として受け入れられてきた」などと、
    日本の「極端な」企業文化を世界に伝えている。

    ■朝日新聞「電通だけの問題ではない」

     電通の石井社長は2016年12月28日夜に会見を開き、同社幹部が労働基準法違反の疑いで書類送検されたことを謝罪、合わせて17年1月の取締役会で社長を辞任すると明かした。

     辞任の理由を、高橋さんの命日である12月25日に遺族に直接謝罪できたからだと述べたうえで、「過重労働は決してあってはならないことで経営を預かる身として慚愧(ざんき)に堪えず、
    深く責任を感じている」と語った。

     しかし、ツイッターでは

      「到底信用出来ない」
      「辞めて何になる」
      「辞任しても亡くなった方は戻ってこない」

    といった厳しい声が噴出。非難の声はおさまっていない。

     国内メディアも批判の手を緩めていない。朝日新聞は会見翌日の29日の社説で「実効性のある再発防止策を実施することが企業としての責務」だと指摘した。

     朝日新聞社が12月に労働基準監督署から長時間労働の是正勧告を受けたことにも触れながら、「電通だけの問題ではない」
    「従業員を大切にすることは、政府に迫られてではなく、企業が自主的に取り組むべき課題」と主張した。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161229-00000003-jct-soci

    no title

    【【なぜ日本人は死ぬ程迄長時間働くのか】電通社長辞任で日本独特の死因「Karoushi」に海外メディア注目】の続きを読む

    このページのトップヘ