総合的な2ch/5ch情報まとめサイト。通称「ぜん速(ぜんそく)ZENSOKU」
    ネット上に溢れる情報から厳選したホットでクールなニュースをお届け。世の中の流行を知りたいけれど忙しくてニュースを見てられない方はこのサイトに目を通して頂くとほぼ情強に!!
    これで君も情弱卒業!情報の最先端!明日から学校のみんなに自慢しちゃおう!

    グルメ・料理

    1: ◆DARIUS.ei. DARIUS ★ 2chまとめ2016/05/27(金) 19:41:19.12 9
    米国で、炭酸飲料の消費量が減少し続けている。
    業界紙『Beverage Digest(ビバレッジ・ダイジェスト)』のレポートによると、
    砂糖が多く含まれている炭酸飲料の消費量(2015年)は前年比1.2%減少し、過去11年連続で落ち込んでいるのだ。

    そしてついに、炭酸飲料の消費量は、ミネラルウオーターなどボトル入り飲料水の消費量より下回るまでになっている。
    残念なことに、炭酸飲料の消費減少は、米国だけに限らず世界にも広がりつつある。

    長年、米国のカルチャー的アイコンとして君臨してきた「コカコーラ」や「ペプシ」といった炭酸飲料が、
    存続の危機に瀕している。いったい、どうなっているのか。

    一番大きな要因は、健康志向の高まりによって、炭酸飲料に対するイメージが悪くなっていることだ。
    消費者は、栄養がないのにカロリーが高く、高血圧や肥満、糖尿病のリスクにつながるとして、
    炭酸飲料を避けるようになっている。

    そこで飲料メーカーはダイエット系炭酸飲料を売り出しているが、
    実はカロリーを気にしてダイエット系を選んできた消費者すら炭酸飲料から離れている。
    その理由は、そもそもダイエット系は砂糖を使わずに人工甘味料を使うことでカロリーを低くしているのだが、
    その人工甘味料が体に良くない話が広まっているからだ。つまり、カロリーが低い炭酸飲料も売れなくなっている。

    そんなことから、飲料メーカーは人工甘味料に不信感を持つ消費者に対して、ダイエット系炭酸飲料の商品の成分を変更せざるを得なくなっている。
    実際に、ペプシコ社は2015年に米国で「ダイエットペプシ」の成分を変更している。
    また、コカ・コーラ社も2016年夏に英国で「コカ・コーラ ゼロ」の成分を変えてリニューアルし、
    「コカ・コーラ ゼロ・シュガー」という商品を発売予定だ。

    ●「Soda tax」導入の動き

    だがそうした問題以外に、いま大手飲料メーカーの頭を悩ませているのが、「Soda tax(ソーダ・タックス)」導入の世界的な動きだ。
    「Soda tax」とは砂糖や人工甘味料が多く含まれる「清涼飲料水」に課税するというものだ。
    このタックスは、肥満や糖尿病などの元凶となっている糖分の摂取量を減らし、政府が負担する医療費の削減を目的としている。
    ちなみに「清涼飲料水」とは、炭酸飲料やエナジードリンク、アイスティーなども含まれる。
    飲料メーカーは、このタックスが導入されることで商品の価格が上がり、消費が冷え込むのを恐れている。だがこの流れはもう止まりそうにない。



    ●炭酸飲料を取り巻く環境

    では、米国での状況はどうだろうか。過去には、ニューヨーク州やカルフォルニア州サンフランシスコで「Soda tax」を検討する動きが持ち上がった。
    しかし、実際に「Soda tax」の導入が決定したのは、カルフォルニア州のバークレーだけだ。
    2015年1月に施行されたバークレーの「Soda tax」は、砂糖が多く含まれる炭酸飲料、エナジードリンク、アイスティーなどの
    清涼飲料水1オンスにつき1セントが課税されている。
    いままで米国では、「Soda tax」の提案が持ち上がっても、大手飲料メーカーや関連団体のロビー活動によってほとんど導入されなかった。
    だが、バークレーで前例ができたことで、今後「Soda tax」を取り入れる動きが加速しそうだ。
    現に、ペンシルベニア州フィラデルフィアでは「Soda tax」導入に関して、2016年6月に採決を行う動きが持ち上がっている。

    炭酸飲料を取り巻く環境は厳しい状況だ。炭酸飲料がビジネスの中心となっている飲料業界は、いまだかつてない危機に瀕している。
    消費者の嗜好(しこう)や時代の流れは、ヘルシーでよりナチュラルな商品を求めるようになっている。
    大手飲料メーカーもこの変化に対応しようとしている。ただ、商品の成分を変更したり、既存商品のミニサイズ(7.5オンス 約220ミリリットル)を
    発売したりもしているが、炭酸飲料を救うことは難しいかもしれない。
    米国のカルチャーアイコンはこの流れで衰退してしまうのか。炭酸飲料が時代と共に今後どのように進化していくのかは興味深い。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000030-zdn_mkt-bus_all

    【炭酸飲料の衰退が止まらない…世界中で“悪者”に 飲料業界はいまだかつてない危機に瀕している】の続きを読む

    1: かばほ~るφ ★ 情弱ダメ©2ch.net 2016/05/26(木) 10:59:04.95 ID:CAP_USER9
    食糧難解決、コオロギの出番だ 量産計画に集まる資金
    2016年5月26日07時03分

    コオロギを量産する技術を確立し、食料難に備えたい――。
    そんな計画が、ネット上で研究資金を集める徳島大学の学術系クラウドファンディング(CF)として初めて、
    目標額の50万円を達成した。研究チームを率いる大学院生物資源産業学研究部の三戸太郎准教授(44)
    =発生生物学=は「これで昆虫食の普及へ踏み出せる」と喜ぶ。

    国連の世界人口白書によると、2050年に世界の人口は90億人超と推計され、国連機関は13年、
    昆虫を食べることで食料不足を補うよう提言した。米国ではコオロギの加工食品も販売されているといい、
    三戸さんらは研究用に飼っているフタホシコオロギが、高たんぱく質、低カロリーな点に着目した。

    フタホシコオロギは背中に二つの斑点があり、沖縄などに生息する。
    体長約3センチとほかのコオロギより大きく、一年中繁殖が可能という。
    三戸さんらは、食用に量産するために、自動で水を与えるシステムなどを備え、数千匹を飼育できる装置を計画した。

    しかし、昆虫食の研究は国内ではまだ知られておらず、試作器作りの資金調達で行き詰まった。
    今春、大学が学術系CFを始めることになり、展望が開けた。

    「フタホシコオロギ食用化プロジェクト!」と銘打って、4月4日から資金を募った。
    「イナゴなど伝統的な昆虫食もある日本から、大きな流れを起こしませんか」と呼びかけ、5月末の期限前に目標を達成。
    募集は続けており、10日時点でサポーター約60人、計約52万円が集まっている。

    サポーターへは支援の額に応じた特典を用意している。3千円で、レシピ付きのコオロギの粉末と電子版の研究日誌のセット。
    5千円なら、このセットにコオロギの顔をあしらったTシャツがつき、1万円では試食会やサイエンスカフェの参加券もつく。

    研究チームが4月、コオロギの粉末を使った料理を作って試食したところ「トンカツは香ばしい」
    「たこ焼きはカツオ節で食べるよりおいしかった」などの意見が出た。丸揚げは「酒のつまみにもいい」という。

    三戸さんは「見た目で受け付けない人も多いと思ったが、CFでは予想外の反響があった。
    食料問題への関心の高さを感じる」と話す。チームは今年秋には飼育器の試作を仕上げる予定。
    将来は大量飼育器を実用化し、加工食品も開発して市場に流通させる構想だ。(亀岡龍太)

         ◇

    〈徳島大学術系クラウドファンディング〉 研究資金を広く集める手段として4月から試行。
    研究テーマ、目標寄付額などを業務委託先サイト(https://academist-cf.com/)で約2カ月公表する間に、
    目標額に達すれば資金が確保でき、研究が始まる。

    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASJ5B671QJ5BPUTB00Q.html
    フタホシコオロギ=徳島大学
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160518001414_comm.jpg
    プロジェクトを指導する徳島大学の三戸太郎准教授
    http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160518001376_comm.jpg

    【【昆虫食】食糧難解決、「コオロギ」の出番だ 量産計画に集まる資金】の続きを読む

    1: 閃光妖術(アラビア)@情弱は禁止 2016/05/26(木) 22:31:56.07 ID:OmVKvwnm0● BE:565421181-2BP(3000)
    ある?



    戻って来た人気ラーメン店福島・「双葉食堂」 原発避難、5年ぶり


    東京電力福島第1原発事故で避難し、仮設店舗で営業していた福島県南相馬市の人気ラーメン店
    「双葉食堂」が26日、元の場所で約5年ぶりに再開した。現在はまだ避難区域だが、避難指示解除の
    議論が進み「ふるさとを元気にしたい」との思いから戻って来た。

     双葉食堂は昭和26年に小高町(現在の同市小高区)で創業。しょうゆ味の鶏がらスープに縮れ麺の
    中華そばが看板メニューで、小高区中心部のJR小高駅に近く、事故前から地元の人気店だった。

    http://www.sankei.com/life/news/160526/lif1605260018-n1.html

    【関西の旨いラーメンランキング 3位 極鶏(京都) 2位 カドヤ食堂(大阪) 1位 みつば(奈良) 異論】の続きを読む

    このページのトップヘ