総合的な2ch/5ch情報まとめサイト。通称「ぜん速(ぜんそく)ZENSOKU」
    ネット上に溢れる情報から厳選したホットでクールなニュースをお届け。世の中の流行を知りたいけれど忙しくてニュースを見てられない方はこのサイトに目を通して頂くとほぼ情強に!!
    これで君も情弱卒業!情報の最先端!明日から学校のみんなに自慢しちゃおう!

    アニメ

    hagaren

    1: 砂漠のマスカレード ★全速 2016/05/29(日) 10:42:20.42 ID:CAP_USER9
    大人気漫画「鋼の錬金術師」の実写映画化が決定した。漫画「ピンポン」を実写映画化したことで知られる曽利文彦が監督を務め、
    主役のエドワード・エルリックをHey!Say!JUMPの山田涼介が演じる。
    漫画の実写映画化といえば「進撃の巨人」と「テラフォーマーズ」の大惨敗が記憶に新しいが、
    「鋼の錬金術師」もその後を追うのではないかと早くも心配の声があがっているのだ。その理由を映画関係者はこう語る。

    「『進撃』も『テラフォ』も実写映画化が決まった時、真っ先に心配されたのが舞台設定をどうするかでした。
    漫画の舞台は外国で登場するのは外国人ばかりですが、映画も同じようにするのは予算の関係もあって難しい。
    どうにかして日本を舞台にして、出演するのが日本人でも違和感がないようにしなければいけません。
    結局、『進撃』は原作の世界観だけ生かして舞台を日本に変え、オリジナルストーリーとオリジナルキャラに変更しました。
    『テラフォ』の原作は、火星を舞台にアメリカや中国など主要各国の戦闘員が時には協力し合い、時には邪魔をして目的を果たそうとする複雑な人間関係が魅力でしたが、
    映画は日本が代表して火星に行くという単純な設定に変えられてしまいました。この変更が映画のスケールを小さくし、物語をつまらなくした原因だと言われています。
    『鋼の錬金術師』の舞台は19世紀のヨーロッパをモチーフにしたもので、この設定が物語の鍵を握るため、うかつに変えれば大変なことになってしまうとファンは気を揉んでいるようですね」

    ウィンリィ・ロックベルを本田翼が、マリア・ロス少尉を夏菜、ショウ・タッカーを大泉洋が演じることが決まっており、
    それを聞いただけで心配が現実になりそうだが、大惨敗になりそうな原因はもう1つあるという。

    「漫画を映画化する時に必ずつきまとう問題が『原作ファンをどう納得させるか』なんです
    。『進撃』はとてもコアなファンがついていて、設定を変えたことに怒った彼らがネットで映画を叩きまくる事態になりました。
    その評判が一般の人たちにも伝わり、『進撃』は観なくてもいいというムードができてしまった。
    一方、『テラフォ』は『進撃』ほど熱心なファンは少ないんです。だから、それほど叩かれていませんし、悪い評判もあまり伝わってこない。
    では『鋼の錬金術師』はどうかと言うと、『進撃』と同レベルかそれ以上の熱心なファンがいます。
    いわゆる腐女子と呼ばれるような女性たちで、彼女たちが映画に幻滅した時のことを考えると恐ろしいものがありますね」(前出・映画関係者)

    公開は2017年冬。その時、原作ファンたちはどんな評価を下すのだろうか。

    http://dailynewsonline.jp/article/1136931/
    2016.05.29 09:59 アサ芸プラス

    http://image.dailynewsonline.jp/media/4/8/4820b3d834e3139a3f8725b674e40c3447e5bf6e_w=666_h=329_t=r_hs=0bf4fecc012b74e5e1f75377b6bbbfbb.jpeg

    【【映画】「進撃」「テラフォ」の二の舞?「鋼の錬金術師」実写映画化、成功の鍵はこの1点!】の続きを読む

    1: オムコシ ★ 2016/05/27(金) 16:40:47.86 ID:CAP_USER
    koe_1_600

    CfgnekDXIAAoUKf

    9月17日に公開される京都アニメーションの映画『聲の形』のメインキャストが発表され、石田将也役に入野自由さん、西宮硝子役に早見沙織さんが決定しました。

    http://2zqce9wkap6jy3idv4hg-gcdn.sova.bz/wp/wp-content/uploads/2016/05/27/koe_1_600.jpg
    http://2zqce9wkap6jy3idv4hg-gcdn.sova.bz/wp/wp-content/uploads/2016/05/27/CfgnekDXIAAoUKf.png

    https://www.youtube.com/watch?v=NbElewFH464



    キャスト

    石田将也:入野自由
    西宮硝子:早見沙織

    スタッフ

    監督:山田尚子
    脚本:吉田玲子
    キャラクターデザイン:西屋太志

    https://twitter.com/koenokatachi_M/status/736089749421625344

    【【アニメ】京アニ映画『聲の形』メインキャストは入野自由さんと早見沙織さんに決定!】の続きを読む

    tara
    1: オムコシ ★ 2016/05/23(月) 09:38:16.33 ID:CAP_USER
     アニメ「サザエさん」といえば、日本人ならば誰でも知っている国民的テレビ二メーションだ。
    毎週ハラハラドキドキする展開でもないし、次週が気になるエピソードもないのに、「なぜかいつも見てしまう」という人は多いのではないだろうか。

    タラちゃんバッシング

    しかし、必ずしも「サザエさん」を楽しんでみている人ばかりではなさそうだ。
    そう、「サザエさん」を見ると腹が立ち、憎しみ、イライラしてくる人たちがいるのだ。

    特にタラちゃんが登場するとイライラが爆発するようで、タラちゃんを見ただけで激怒し、
    インターネット上に数多くの「タラちゃんバッシング」なメッセージを書き込んでいるのである。

    どのような意図がある?

    アニメのキャラクターとはいえ、タラちゃんは3歳の幼児である。そんな幼い児童をバッシングして、何がおもしろいのだろうか?
    どのような意図があってタラちゃんをいじめる発言を書き込みするのだろうか?
    この件に関して、アニメマニアの伊東さんは以下のようにコメントしている。

    伊東さんのコメント

    「はい、確かにアニメの『サザエさん』にタラオが登場すると、怒り狂ってネガティブな発言を書き込む人たちが実在します。
    これは数年前から発生している現象で、幸せそうなタラちゃんに嫉妬している一部の人々が、Twitterや2ちゃんねるに書き込みしていると推測しています。
    幸せな家庭に生まれ、のんびりとした空気のなかで、裕福な生活をしているのが許せないのでしょう」

    「タラヲ」と書き込み

    実際にインターネット上に書き込みされた、タラちゃんに対する怒りの声を見てみたところ、数多くのネガティブな発言が書き込みされていた。
    どうやら、タラちゃんをバッシングしている人の多くが「タラオ」ではなく「タラヲ」と書き込みしているようだ。
    いくつかタラちゃんに関する書き込みを引用してご紹介したいと思う。


    インターネット上の書き込み

    「タラヲ氏ね」
    「だまれタラヲ!」
    「タラヲ嫌われすぎ」
    「タラヲの存在は万死に値する」
    「人類の敵であるタラヲ」
    「タラヲに葬式はいらない」
    「タラヲとか全然かわいくねぇ」
    「久々にサザエさんみたらタラヲ氏ね回だった」
    「ここで一句: 死ねタラヲ 死ねタラヲ死ね タラヲ死ね」
    「今日だけで3回もタラヲ氏ねと言わせるとは」
    「タラヲが親指を立てて溶岩に沈むところ見たかった~!」
    「負けた! タラヲをビンタ!」
    「カフェインで目が冴えてるタラヲから何か狂気を感じる」
    「タラヲは次回予告じゃなくて死亡予告しろ。氏ね」
    「今日はグーでタラヲ殴る」

    いじめコメントで溢れかえるTwitter

    http://images.yomerumo.jp/trivia/2016/05/18_03.jpg

    普段からTwitterにはタラちゃんに対するネガティブな書き込みが多数されており、
    「サザエさん」の放送時間には、その量が増幅され、Twitterが「タラちゃんいじめ」のコメントで溢れかえるという。

    そんな状況を自分で確かめたい人は、アニメ「サザエさん」が放送されている最中、Twitterで「タラヲ」というキーワードをチェックしてみるといいだろう。

    実在しない3歳児のアニメキャラクターを猛烈にバッシングし、ストレスを発散させている面々。日本の未来が心配である。

    http://news.merumo.ne.jp/article/genre/4515473

    【【アニメ】サザエさんのタラちゃんを執拗にいじめる人々「タラヲ消えろ!」】の続きを読む

    1: DARIUS ★ 情弱ダメ 2016/05/19(木) 16:05:56.07 ID:CAP_USER
    >鳥山明先生によるコメント

    >ボクが全体のあらすじを書き、それを脚本家の方が1話ずつの内容に まとめてくれたり、膨らませてくれたり、変更したり、付け足してくれたりして よりおもしろくなるように頑張ってもらっています。

    >ボクも完全な脚本は確認していません

    http://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/news/news2016050901.html

    【【悲報】 ドラゴンボール超の脚本は鳥山明先生以外が付け足して駄作にしていた事が判明! 】の続きを読む

    このページのトップヘ