dogura1
1: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/22(月) 04:48:43 ID:1XBJeR9O
サブカル、異端児、エログロをインテリに語るアニキのスレ
兎に角、メガネの変態アニキです。

3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/22(月) 10:59:42 ID:boeFNBhd
澁澤龍彦と生田耕作はどれほどの親交あったのかな?
いわゆる澁澤サロンとは別の人という印象があるが

5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/23(火) 18:55:47 ID:HV/ZAb8D
曰わく、免許があるのに車に乗らないのは、妹がいるのに近親相姦しないようなものだ。

6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/24(水) 00:30:36 ID:YN2DqiMG
なんかの雑誌の表紙にある骸骨をもったアニキがカコイイぜ

9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/26(金) 05:44:41 ID:WjuUfxA8
声が高いが、人前で話をするのが苦手だったようだね
土方巽の葬儀の映像で、どもりながらそんなことを話してる映像があったね

10: 7 2008/12/26(金) 13:51:25 ID:p++4rzB+
その場面NHK教育で見た。 親しい友人というか、一目も二目も置いている人の死に直面してかなり狼狽えてるっつうか堪えてる感じだったね。

澁澤好きは文学板の方にいるんジャマイカ?

11: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/26(金) 17:25:37 ID:iMrh9R1n
ベルベットの

12: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/12/26(金) 17:29:54 ID:iMrh9R1n
うわ、誤爆すまん

ベルベットの深紅のカーテン、シモンの人形、四方を囲む本棚、地球儀、
篠山が撮影したみずゑの追悼特集の写真は、理想の部屋だ。
あんな感じのカーテン探しまわった思い出がある。

22: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/14(土) 00:57:56 ID:nSD+NDNn
>>12

私もあの写真の澁澤の部屋が理想の部屋です。
同じことを考えている方がいたとは。

ご存知の方も多いとは思いますが、京都のアスタルテ書房には
澁澤の直筆色紙が多数と、四谷シモンの小さい可愛い人形が飾ってありますよ。

24: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/15(日) 02:54:21 ID:ziMOIPEq
澁澤龍彦の快楽主義って、結局のところ稀覯書と骨董に埋め尽くされた書斎の中でのみ成り立つ
ブッキッシュな性質のものだったのか?
彼自身があれほど崇拝してたマルキ・ド・サドのように、実生活において安全地帯の外に踏み出したことはなかったのか?
時に男根のハリカタを付けて、裸踊りをしてみせるくらいがせいぜいのところだったのか?

「真実の澁澤」を御存知だという方、もしいたら、こんな俺の疑問に答えてくれないか…。

25: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/15(日) 16:15:05 ID:o28bDdeL
>>24
澁澤にとっては、観念の世界も現実の世界も、
大して差はないんだよ。

むしろ観念(自分だけの心の世界)の方が大事だったから、幸福だったんでしょ。
ある時点でそれに気づいたっぽい。

26: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/15(日) 16:47:07 ID:ziMOIPEq
>>25 ふぅん、そうか…。しかし観念の世界に遊んでいたということは
快楽主義において、澁澤もまたオナニストだったということかな?
だとしたら、それは本当に彼を納得、満足させるものだったのかな?

雑誌「血と薔薇」で、澁澤自身が篠山紀信の写真に撮られていたような、酒池肉林や乱交の理想郷世界を
現実世界で実現させようとは思わなかった(もしくは出来なかった)書斎人なのか?

引き続きマジレス期待します。

28: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/17(火) 16:07:31 ID:+/9xxOt+
>>26
書斎人、オナ二ストといえばその通りかもね。

ただ澁澤は、現実世界にユートピアなど決して実現しないと書いていたよ。
さらには人間の進歩や成長、経験という概念までも否定している。

俺の感想だけど、澁澤は、時間の概念から生まれるそういった理想こそが
人を傷つけると思っていたふしがある。
自分の心の中だけが、すべてが許される唯一の場所(理想郷)であり、
そこでは誰も傷つかないし、年も取らないし、みたいな。

「フローラ逍遥」という花について書いたエッセーで、
現実の花はまぁどうでもいい、自分に取っては観念(=心の中)に咲く花の方に価値がある、
みたいなことも書いてた気がする。

もちろん、その幸福と引き換えに、ある種の諦念はあっただろうけどね。
ピントがズレてたらごめん。

35: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/21(土) 14:38:45 ID:SR4IyZf3
>>28 良いレスをありがとう。参考になりました。

>>32 疑似性交としての精神活動、それがエロティシズム
真のエロティシズムには射精という果てがない、か…。名言だねぇ。うならされました。

しかし射精という果てがないということは、観念世界での遊戯としてのエロティシズムには
オルガスムもないということになりはすまいか…?

27: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/15(日) 16:59:49 ID:6SmRGoMj
裸婦の中の裸婦よろしく会話形式でお送りしております

29: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/17(火) 17:06:16 ID:E9Jwyq9J
俺もそういう澁澤観が好きだな
三島は行動の人だった
行動を連呼する人は見苦しいし醜い

32: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/21(土) 01:27:08 ID:9NZ/XkPT
擬似的な性交なる精神運動=エロティシズム
真のエロティシズムには射精という果てがない

34: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/21(土) 02:02:14 ID:q+RrMTZZ
ただのエロからエロティシズムという存在になりえたということは
本能に根ざした芸術となったということ
つまり表現方法の主体にも客体にもなりうるということ

36: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/21(土) 23:01:12 ID:+iy0SdZR
確かにそうだね。
観念世界でのオルガスム=宗教的法悦くらいだろうか?

でも澁澤は、「神様とは虫みたいなもの」と言ったくらいだから、
それには無縁だったろうねw

バタイユの言う「オルガスム=絶対(神、死)との直面」
みたいな考え方も苦手だったみたいだし。
理由は、若い頃の敗戦の体験とか、探せば色々ありそうだけど...

37: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/22(日) 19:07:48 ID:dwgNemn1
>>36 観念世界でのオルガスム=宗教的法悦 という定義には同感です。
有名なサルバドール・ダリも、「芸術はオルガスムの代わりとなり得るか?」と聞かれて
「それはあり得ない。ただ神秘主義ならその代わりとなり得る」と答えていたのを思い出す。

生前の澁澤は、彼独自の神秘思想に到達していたのかな?
もともとミスティックなものは好きだったと思うし、そうしたものに対して知的好奇心は大いに持っていたようだけど
何らかのオカルティズムの信奉者になったようには見えない。

晩年は咽頭ガンにかかって声を失ったり、「死」というものに直面することの多い日常だったはずだが
死の恐怖から逃れるために、宗教や神に救いを求めるといったことは一切なかったらしい。
「宗教=阿片」という昔ながらの定義に従えば、それだって一種の快楽主義には違いないとは思うんだが
彼は自らの死の瞬間まで、そうした宗教による鎮痛剤的快楽はきっぱり拒否していたんだね。
そこには、あのいかにもひ弱なインテリ然とした澁澤の、或る種のダンディズムと言うか
毅然とした男らしさのようなものが感じられなくもない。

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/22(日) 22:35:28 ID:1CrwPfIB
晩年の澁澤には、そもそも死の恐怖なんて無かったんじゃないかな?
別に澁澤が聖人とか、そういうんじゃないけど。
悟っていた感じはするな。
動物が死を恐れないのと同じ意味で、素直に受け入れてたというか。

39: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/23(月) 18:59:06 ID:alLZREI6
結局のところ、語学マニアによくある知識収集欲に取りつかれていた
に過ぎなかった人だよ。周りがそれを大家だと祭りあげていたんで、その神輿から
降りられなくなったんだな。しかし、エッセイの水準は確かに高いし、それなりの
見識もあった。翻訳家としては最高水準に到達していたしね。
俺らがどうこういえないが、創造性については?なとこあると思うんだが。

40: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/25(水) 15:55:22 ID:FzzDg/gT
うん。たしかに>>39の指摘には、かなり同感せざるを得ない気がする。

西野嘉章氏だったか、人間はモノを収集したがる人と、収集しない人に大別される、みたいな事を書いていたが
澁澤の場合は明らかに前者のタイプだったのだろうね。

自分に興味のある知識を収集することに知的な快感を覚えつつ、
気に入ったオブジェ等々のコレクションで自らの周囲の空間を埋め尽くし
自分好みの小宇宙(ミクロコスモス)を作りあげるのが、彼の楽しみだったんじゃないかな。

本質的にはクリエイティブなタイプの人ではなかったし、良き批評家にはなれても
作家には向かない人だった。
むろん彼はそれで充分納得していたし、満足ではあったろうけどね。


41: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/26(木) 00:55:40 ID:Mdz7UcRM
最近ヴンダーカンマー(不思議の部屋)という言葉を覚えた。
これは澁澤の世界だと直感した。

42: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/03/26(木) 11:20:31 ID:IlygLoGs
そう、そう。>>41はよく分かってらっしゃる。

「ウ゛ンダー・カンマー」って独語は、直訳すれば「驚異の部屋」でしょ。
前レスに書いた西野っていう人が、同タイトルの本を出しているけれど、
あそこに紹介されていた外国人アーティストと東大の博物館のコラボによる室内展示は
澁澤が見たら随喜の涙をこぼしていたろうね。

43: ( ̄ω ̄)獲る狸 ◆ycr5A7VfSw 2009/03/27(金) 02:19:29 ID:/dwBGs6G
それを「妖異博物館」と訳したのが澁澤の特色と言われているのですが、これは某碩学の著書からの盗用ですねぇ(笑)おやはや(笑)

44: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/04/07(火) 23:09:06 ID:kikW8iWM
元祖サブカル

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/05/10(日) 22:41:49 ID:D3822Yw3
いや、サブカルというのはどうかな?
澁澤は明らかに主流派の傍流に位置していた。サブカルというのは荒またとか
唐沢みたいな感じだろ。

46: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/06/06(土) 10:34:02 ID:598VRWDr
マルキドサド論や翻訳など文学的な仕事もしていたが、
その傍らでマニアックな研究や海外のマイナーな文化を紹介した。
そうした多岐に渡るものがごっちゃになってカオス化し、全体的にまとまりがなく、
サブカルチックな雰囲気を出したのではなかろうか。
当然、澁澤好きは色々マイナーな文化が好きなサブカル愛好家に
注目されることとなったのは自然なことではないのだろうか。

47: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/06/07(日) 05:35:31 ID:Azwybtts
無知でスマソだが、
なぜ澁澤はサドみたいな気分害す小説が好きになったの?
そういう人はただ「変態」って片付けてはいけないの?

71: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/02(水) 10:50:30 ID:Y5kFBbXz
>>47
サドは時代考証ぬきで表面の筋だけベタ読みすると
「なんか古臭い下品なだけの話だな」って感じになるのはすごくわかるw

カルトな映画で「マルキ」ってのがあって
登場人物全員着ぐるみで、サド侯爵の生きた時代を
幻想的にユーモラスに描いたのがあるんだけど
あれを観るとなんとなーく雰囲気わかるかもしれない
新潮版三島全集の監修者と一緒に観て「これかなり核心ついてるよな」って
言ってたので、大はずしはしてないと思う
なかなか可愛いんだこれが…映画はじまるといきなり出オチだしw

49: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/06/07(日) 06:35:03 ID:IeVQ2nDv
当時時代の寵児だったフランスイタリア系文化人の影響があったからだとおもうな。
退屈した金持ちの趣味なら変態も芸術扱いなんだよねw

50: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/06/13(土) 15:27:51 ID:tn32oyIh
彼の批評は面白いが小説はあんま好みじゃない
ただ、親王航海記は味わいがあったな

56: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/07/24(金) 15:49:38 ID:NIb4qbeK
高丘親王航海記や短編集ねむり姫、うつろ舟は好きだけど
最近読んだ初期小説集は面白くなかった
文章が鼻についてしょうがない(インテリ気取りの高校生が無理して書いてるみたいで…)

57: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/19(水) 16:02:12 ID:XVNBxkbf
【澁澤龍彦黒歴史】
・暗記自慢のモヤシっ子で、小学生の頃はいじめられていた。外でいじめられると、家に帰ってきてから妹たちに八つ当たりして鬱憤を晴らしていた。
・鎌倉の小町に住んでいた頃、新年の祝いをしようと二階の澁澤を呼びに来た妹に癇癪を起こし、何の落ち度もない妹を階段から蹴落とした。
・それでいて面倒な用事は妹に押しつけ、三島由紀夫に初めて推薦文を依頼した時も三島と対等に話をする度胸がなく、妹に電話をかけさせた。
・東大入試に二度失敗。現役で受かった出口裕弘に嫉妬し、「あいつが受かるなんて、東大の権威を疑うよ」と言って歩いていた。
・出口よりも早くフランス語を始めていたが、やがてフランス語の力で出口に追い越され、後輩の松山俊太郎からも誤訳を指摘された。
・最初の妻の矢川澄子さんからはドイツ語文献の読解を助けてもらったにもかかわらず、澄子さんを虐待し、売春婦を交えての3Pを要求。
そのため、澄子さんに加藤郁乎と浮気されて離婚に至った。
・離婚後、澄子さんとのツーショット写真をあてつけがましく鋏で真っ二つに切断し、澄子さんのところに送りつけた。
・二度目の妻の龍子さんをも虐待。酒に酔った挙句、火のついた煙草を鼻に押しつけて火傷をさせた。
・尊敬していた三島から勝手に『暁の寺』の今西のモデルにされ、揶揄された。
・自分の著書の書評をたびたび出口に書かせておきながら、自分では出口の著書にほとんど言及しなかった。出口の『越境者の祭り』を
有名誌が取り上げて記事にしようとした時、原稿執筆を依頼されたがニベもなく断った。
・『サド侯爵の生涯』ではレリーの研究書から大々的に剽窃し、レリーの研究成果を自身の業績のように偽って発表した。

58: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/08/24(月) 15:41:17 ID:7UkqCE79
昔の文学者ってひ弱でもやしっ子が多いな

63: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/05/18(火) 05:13:23 ID:3PpdrFQF
サブカル板自体に対するレスが伸びてないから
ここも過疎ってるなぁ
文学板は読み書きが好きな暇人が多いのかよく伸びてる

66: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/17(土) 00:42:25 ID:PtMxVVoR
ロリコンなの?

67: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/07/23(金) 14:23:48 ID:Bgm6nhnZ
美少女が嫌いな男なんかあんまりいないだろうしなあ。
そういや野坂昭如の娘は若い頃はかなり綺麗だったな。

69: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/01/31(月) 19:43:11 ID:H3pK3tZd
九州の人には悪いがNHKの火口の映像見たら
唐草の「火山に死す」が初めて理解できた
やっぱこの人すごいわ

72: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/11(金) 19:23:45 ID:L2lztZt3
河出文庫から出てるもので面白いのってどれですか?
大量に積ん読してるんですけど、事情で捨てなければならないのです

73: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/02/12(土) 18:13:37 ID:I139J74Z
今まで読まなかったんだから今後も読まんだろうに
思い切って処分しちまえ

76: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/01(火) 12:05:28.61 ID:JGYg6HG5
澁澤の本は「幻想の肖像」と「幻想の彼方へ」を持ってる。
NHKの日曜美術館で澁澤龍彦特集放映したのたまたま録画して持ってて、
それで澁澤にハマった。
ベルメールの人形とスワンベルクはベリッシモいいデザインだ。

77: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/08(火) 20:03:16.75 ID:o3/pkpmp
でもサドのセリフでも本当に美しい女性は見せかけではなく知性を兼ねてる人です。
という感じのはいいと思う。
あとサド本人が最後に平和なロリコンになるとことか

79: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/03/21(月) 20:05:36.68 ID:gdB+D0QT
弧高の鬼才(88)
03/21 19:49
[追伸|削除]
#結婚相手に求めるもの…[ニュース]
金と結婚する女は、平凡な家庭がいいと結婚するが、しだいに平凡さに飽きて旦那の金を貪り尽くすという過程。 平凡な生活でいいから愛のある家庭を築き上げたい、このセリフはすでに仮面夫婦フラグだ。

81: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/04/13(水) 23:35:14.38 ID:ybYx7oG5
澁澤龍彦全集、高すぎの割に値崩れしないな……
河出文庫のサドは完訳じゃないし

87: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/08/25(木) 05:49:12.81 ID:9NWQ6jcC
でも初めて読んだときは衝撃うけた
趣味があうわーみたいな
10代のうちに一冊は読んでおくべきだな

94: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/10/12(水) 00:44:13.98 ID:oacStusY
河出の~の手帖シリーズ大好きです
翻訳とかエッセイ以外の小説で
オススメってありますか?

100: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/20(火) 02:29:02.16 ID:sk3zzk5p
三島由紀夫の「沈める瀧」という小説の最後の場面に出てくる小説家志望の男も
モデルはもしかしたら澁澤じゃないですか?

102: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/23(金) 07:40:09.69 ID:fkppsGts
三島由紀夫って早くに亡くなったのに、作品数多くて・・・

105: 名無しさん@お腹いっぱい。 2011/12/29(木) 10:48:33.31 ID:b26jlbDa
古本屋に巖谷國士の澁澤龍彦考が売ってた。買おうか迷って買わなかった

106: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/01/14(土) 23:05:53.91 ID:WxPiffyv
集成買いました。
取り合えず一巻の手帖シリーズから読んで見たい。

107: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/11(土) 00:45:26.25 ID:qfVqK0xk
今のオタク文化見たら、人工美女の系譜がどうのこうのとか書いたのだろうか…

110: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/22(水) 14:30:28.26 ID:3NTCxnt1
澁澤の写真初めてみたら、イケメンすぎてわろたww

111: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/24(金) 14:57:48.69 ID:Lo+o3jaH
50近いのにで大学生に間違われたらしいからなw

113: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/02/26(日) 18:56:10.74 ID:QdzNN42o
あの同窓会の写真も良いよな

115: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/09(金) 17:51:09.45 ID:IdbccdST
「夢の宇宙誌」が大好き。
扱われているテーマが特に好きな訳じゃないのに、人間について色々なことを学べた気がする。
とても不思議な本。

116: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/03/10(土) 01:07:50.02 ID:Bxy6pA/L
俺にとって澁澤文学の大きな魅力の一つは、
ちょこちょこ挟み込まれるモテ自慢や若さ自慢w

119: あいりちゃん妄想愛 2012/10/20(土) 03:39:50.34 ID:s+g6EXRF
近所に
小学4年のあいりちゃんてのがいて、
これがかわいい!
ちょっとカールしたセミロングの髪型似合う!
ラメが入ったややハデなファッションセンス、似合う!
母親が難病で死にそう、可哀想!
人なつこく誰にでも話かける、性格良い!
人なつっこいけど甘えん坊、可愛い!
ミニスカかショートパンツで太腿ムチムチ、たまんない!
最近胸のあたりがコンモリ盛り上がってて、横からみるとハッキリおっぱいの形が出来上がってきてて、
半年前にはそうでなかったのに最近急速におっぱいふくらんできてて、たまんない!
尻が大きく、安産型、腰が突き出してカラダが全体的にグラマーの兆候、たまんない!
あいりちゃん最高!
あいりちゃんかわい過ぎ!
そんなあいりちゃんに性的いたずら

NONO!…しないっての!

125: 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/11/28(水) 17:48:14.67 ID:GFSecblm
元祖オタク澁澤と元祖引きこもり埴谷

127: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/01/26(土) 21:39:47.93 ID:TN2WGM4K
澁澤にもヒッキー要素あるな

128: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/05(火) 00:14:23.15 ID:8DSBTmm/
まじめな問いかけなんだが、うちの妻が、ぶっとんできて、マクロビとかホメオパシーにはまりつつある。
俺は、その非合理さを、常識的な考え方でなんとか説き伏せようとしてきた。
ところがかつて俺が澁澤好きで、嫁もそこから超常的なオカルト哲学にはまった傾向がたしかにあり、
「シブタツだって、神秘主義にはまっていたようなものでしょ」と逆ギレされた。
シブタツは、知性でコントロールできてるからいいけど、お前は知性がないだろ」というあたりで、
言いながら、ちょっと内心、『これ、俺ってちょい矛盾してるかな……』と困ってしまった。
どうやって、ああいう似非科学的な俗流オカルティズム健康法と、澁澤のような文学世界の「差」を分けて語ったら
よいものでしょう? 先輩諸賢ならどう相手を説得されますか?

131: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/02/11(月) 18:52:14.23 ID:6eFnr1RJ
澁澤龍彦、遥か昔に一冊読んだ事があるが「この人がブサデブだった場合、ここまでファンは付かないだろうよ」程度の駄文だった

137: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/04/30(火) 20:41:31.13 ID:GwYx+oaT
この人って2浪してても一応東大で、三島クラスのIQの持ち主からは生暖かく
見守られるレベルの知能でも、高卒の俺たちからすれば神のような知力の持ち
主で、お前らがこの人を好きでも澁澤はお前らみたいなのが大嫌いだと思うよ。

139: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/07/13(土) NY:AN:NY.AN ID:NJG6STeM
当時の入試は白線浪人とかGHQの学制改革の直後で、今ほど殺伐としてはいなかった

145: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/08/29(木) NY:AN:NY.AN ID:T0aBndHj
一般的には逆に考えられてるかもしれないけど、
小林秀雄とかの思想の方が深入りすると反社会的になるよな

156: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/11/25(月) 17:36:14.07 ID:gBBJ45RK
50近くで大学生に間違われたと
嬉しそうに書いてたからなw

157: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/02(月) 00:44:20.98 ID:7HBXFXTg
澁澤って女性について書いたエッセイあるけど、けっこう女嫌いだな。ミソジニーというか

そういう点は、ちょっと吉行淳之介に似てる

158: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/03(火) 15:09:13.40 ID:CgVkGBrJ
芸術家にミソジニーは多いらしい

159: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/06(金) 17:18:19.92 ID:5n50FDAb
三島由紀夫の女性批判は有名だな

161: 名無しさん@お腹いっぱい。 2013/12/07(土) 14:45:03.26 ID:+OMR4shn
澁澤は何度も堕胎させたキチガイだよ

164: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/01/15(水) 18:33:43.23 ID:9Yrr85Bd
自分が中二病こじらせたときに、ちょうど河出文庫から出てる澁澤さんのエッセイ本シリーズにはまってしまった。
当時RPGやファンタジー作品に夢中になってたから、さまざまなイメージを沸かせるエッセイは本当に面白かった。

165: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/04/14(月) 10:43:03.17 ID:BbXcw+5B
こいつ人一人殺したのと変わらんし
悪びれもせず嫌がらせもするし人間としてはゴミクズ

169: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/04/23(土) 13:39:29.92 ID:UhI+FYTc
諸星大二郎にしろ、石田衣良にしろ、大槻涼樹にしろ、作中での澁澤龍彦のあつかいがぞんざいなのは、なにか嫌なことでもあったのか。