総合的な2ch/5ch情報まとめサイト。通称「ぜん速(ぜんそく)ZENSOKU」
    ネット上に溢れる情報から厳選したホットでクールなニュースをお届け。世の中の流行を知りたいけれど忙しくてニュースを見てられない方はこのサイトに目を通して頂くとほぼ情強に!!
    これで君も情弱卒業!情報の最先端!明日から学校のみんなに自慢しちゃおう!

    slot

    1: ノチラ ★ 2018/03/01(木) 12:46:19.90 ID:CAP_USER
    https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/121508/9d5c0ccf0a2d6b15e7d6162735e5743b_b08979245309eaf5271cd46f7024d6fc.jpg?width=1600
     安倍政権が成長戦略の一つとして成立を目指す通称"カジノ法案"。一方、ギャンブル依存症の懸念から、与党である公明党からも慎重論が浮上している。そこで政府はカジノ入場を週3回・月10回までを上限する規制案を提案。また、入場料として日本人と日本で生活する外国人からは2000円を徴収、マイナンバーカードの提示義務付けによる本人確認も行う方針だ。

    ■井川意高氏「現場や依存症のことがわかっていない」
     「私に言わせれば、童貞と処女がAV作ろうと脚本を書いているようなもので、まったくピントがずれている」。

     カジノ資金約106億8000万円を関連会社から借り入れていたことが発覚、2011年に特別背任容疑で逮捕され、懲役4年の実刑判決を受けた井川意高氏は、そう指摘する。

     1988年に東京大学法学部を卒業後、祖父が創業した大王製紙に入社したした井川氏は、オーストラリアのゴールドコーストで初カジノを経験。元手の100万円が2000万円にまで増えたことで、味を占めてしまったという。「よくあるパターンで、一番よくないパターン」。

    やがて借金をするようになり、年に数回、マカオでギャンブルを楽しむようになる。2007年に大王製紙社長に就任した後は、ファミリー企業から借りた10億円あまりの赤字額を全て取り返す経験もし、賭け金は一層膨れ上がっていった。2010年頃に借り入れがかさむようになったが、それでも毎週のようにマカオへ足を運んだ。一張りが数千万円単位になり、クレジットカードで3000万円分ほど腕時計を購入、すぐに質屋で現金化したことや、48時間ぶっ続けで遊んだこともあるという。

     2016年12月14日に仮釈放された翌日、国会では統合型リゾート(IR)推進法(通称・カジノ法案)が可決された。これについて「"今度からは日本でお金を落とせよ"という、安倍総理からの出所祝いだったんじゃないですか」と冗談を飛ばす井川氏だが、今回の規制案を「国会議員や官僚、反対運動している人のほとんどはギャンブルを経験してない。時間制限だって、フライトの時間が近くなると賭けが荒っぽくなるので一番最悪。これもやったことない人間の意見。依存症の心理、カジノを経営者の考えも分かっていない。現場を見ないで観念だけで神学論争をしてしまう、日本の悪いところがここでも出ている」と厳しく批判する。

     「一回に50万ドル賭けていた私からすると大した額ではないが(笑)、入場料2000円をさらに上げようという意見も出ている。逆にシンガポールでは8000円の入場料を下げようという議論がある。結局、8000円負けている状態からのスタートという間隔になるので、それを取り返そうと無理をするからだ」。
    http://blogos.com/article/280826/

    【【カジノ】大王製紙元会長の井川意高氏、政府のギャンブル依存症対策に「童貞と処女がAV作ろうとしているようなもの」【バカラ】】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 12:51:10.30 ID:DSPmubNHH
    基本的にサイトに広告を掲載しているサイト制作者は広告を見ることを条件にコンテンツを提供しているんやろ
    お金を取る代わりに広告を掲載することで収入を得ているからGoogleやYahooと同じやぞ

    そういうサイトの広告を非表示にしてコンテンツだけを見るのは「対価を払わずサービスを受ける行為」無銭飲食と同じなんやぞ

    【広告をブロックするならサイトを見るな!無銭飲食と変わらない事をやっていると自覚すべき】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CH] 2018/01/29(月) 14:12:49.00 ID:ICb1gkcB0 BE:837857943-PLT(16930)
    sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
    民法や少年法、酒やタバコ、ギャンブルはどうなるのか 「成人の日」に改めて問う大人と子どもの境界線

    no title


    【酒、タバコ、ギャンブルは変わらず】
     
    他方、酒類やタバコに関する法律は、民法の成人規定と連動せず、初めから20歳未満の者による飲酒や喫煙を禁止している。

    そのため、民法改正による影響は受けない。

    https://news.yahoo.co.jp/byline/maedatsunehiko/20180108-00080195/

    【酒、タバコ、ギャンブルもやらない聖人っているの?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 12:45:16.74 ID:pgUoS6o3d
    日本はアジアで最下位、高度外国人材への魅力欠く-IMD
    人工知能やロボットを活用した「第4次産業革命」が進む中、
    先端分野の人材確保はますます難しくなりそうだ。
    20日にスイスのビジネススクールIMDが発表した2017年版世界人材ランキングによると、
    調査対象のアジア11カ国中、日本は高度外国人材にとって最も魅力がないという結果になった。
    世界では63カ国中51位。アジアではシンガポールが1位、香港は2位だった。

    https://www.japantimes.co.jp/news/2017/11/21/business/japan-ranks-dead-last-asia-top-foreign-talent/#.WhVHJ9Jl9dp

    前スレ
    【悲報】日本、「最も働きたくない国・第1位」に
    http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1526006942/

    【【悲報】日本、「最も働きたくない国・第2位」に】の続きを読む

    FXをやってみたいんだけれど、国内業者と海外業者どっちでやればいいのか悩んでいる人

    国内業者でFXをされている方で調子の悪い人

    海外業者に興味はあるんだけれど、海外と聞いてなんとなく怖いイメージがある人

    そもそも海外業者って国内業者とどう違うの?っていう人

    国内業者でレバレッジの規制が起こってますます海外業者への関心が高まってきているFX業界ですが、結論から言うと・・・

    FXは国内の業者でやるより断然海外の業者でやるほうが良い!!

    というのが私の見解です。(あくまで私個人の見解ですw)

    そういうことで今回はFXをやるうえで国内業者よりも海外業者を選んだ方がお得だと私が思う理由をまとめてみました。

    これからFXを始めようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

    IMG_6gznxj617

    【FXするなら国内業者よりも海外業者の方がオススメの理由!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/05/11(金) 12:21:48.64 ID:BDY52BRCd
    ザ・日本人って感じやわ(軽蔑)

    【【性格最低】京都人「凄いでおますなぁ~(皮肉)」「また遊びに来ておくんなまし(大嘘)」←陰湿すぎやん?【地方人】】の続きを読む

    neet

    1: nita ★ 2018/01/23(火) 21:38:11.00 ID:CAP_USER9
    1/23(火) 18:04配信
    毎日新聞

     厚生労働省は23日、生活保護受給者が生活費をパチンコなどのギャンブルに過度に使ったため指導を受けたのは、2016年度で延べ3100件だったと公表した。受給者にはギャンブルをやめるよう求めたほか、依存症の疑いで医療機関につないだ例もあった。こうした実態調査は初めて。

     ギャンブルの種類別の指導件数は、パチンコ2462件(79%)▽競馬243件(8%)▽宝くじ132件(4%)▽競艇118件(同)--などだった。

     ギャンブルでもうけたとして申告があったのは464件(計4億260万円)。一方、収入の申告がなかったため、徴収したのは100件(計3056万円)だった。

     受給費をギャンブルに使うことに対し、厚労省は「過度に生活費を使い、健康を損なうのは望ましくない」としているが、一律禁止にはしていない。【熊谷豪】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00000081-mai-soci


    【【ナマポ】生活保護受給者ギャンブル初調査 指導3101件】の続きを読む

    maxresdefault

    1: 以下、5ちゃんねるから全速でお送りします 2018/04/22(日) 19:45:28.614 ID:v89WUK/N0
    ロイヤルホームセンターって答える奴は大体千葉か神奈川

    【「ホームセンターと言えば?」←この質問の答えでそいつの住んでる所大体分かる】の続きを読む

    no title

    1: 風吹けば名無し 2018/04/14(土) 15:52:53.84 ID:gUSmhtbS0
    トマトには『トマチン』という天然毒素が含まれています。

    主にトマトの茎や葉に多く含まれる毒素ですが、真っ赤に熟した実にも少量は含まれており、
    一度に多量のトマトを摂取すると成人でも死に至ることがあります。
    具体的には、トマトを1日に4トン食べると死にます。

    https://togetter.com/li/1119277

    【うわああああ! トマトに毒が含まれていることが判明! 1日にトマト4トン食べると死ぬ!】の続きを読む

    no title

    1: ノチラ ★ 2018/03/12(月) 16:59:56.93 ID:CAP_USER
    データ分析最強ツール「R」の実力
    Rは、統計分析に特化したプログラミング言語です。プログラミング言語、というくくりではありますが、統計分析に特化したシンプルな作りになっています。

    取っ付きやすさの大きな要因になっているのは、データフレーム、という考え方です。データフレームは列と行という表形式になっていて、Excelで扱うデータ形式と似ているため、Excelに慣れ親しんでいる人であれば、少し使ってみるだけでRに対する違和感はすぐに消えることでしょう。

    しかもRは決してマイナーなツールではありません。研究者やデータサイエンティストの間では、分析のツールとして非常にポピュラーです。またRはオープンソースであり、世界中のユーザによって日夜開発が進められ、日々進化しています。

    そういうとプロの分析者が使うツールだと思われがちですが、実際にはExcel以上に簡単に、かつExcelだけでは対処が難しい問題を解決できます。フリーのツールなので導入もスムーズです。

    さきほどExcelに対してあげた三つの問題点である

    ・データ量が膨大になると動作が不安定
    ・一度やった分析を保存できない
    ・すぐに実行できる分析ツールが限られている

    について、Rだとどのように対応しているのかみていきます。

    (1)大規模データでも軽快に動く

    Excelで扱うことができるデータ量ですが、Excel2013では最大行数は1,048,576行、最大列数は16,384列となっています。ただし、実際にはこれ以下の数十万件レベルで動作が不安定になります。

    対してRで扱うことができるデータ数は、1000万行程度×400列であれば、PCのスペックにも依存しますが、たいていは動作も軽快です。Excelでは動作が不安定だったデータ量でも、Rならば動作は常に快適です。

    (2)分析手順が残るので、やり直しも簡単

    Excelの場合は分析手順は基本的に残らないので、自分で記録を取っておく必要があります。手順の実行は基本的に手動です。

    対してRはプログラミング言語なので、当然処理の過程がコードとして全て残ります。どこか間違っていても、そこを修正してまたボタン一つで全ての処理をやってくれる。グラフを描く過程もコードにできます。

    (3)最新の分析ツール(アルゴリズム)が使える

    Excelはマイクロソフトの製品なので、バージョンアップもマイクロソフト次第です。

    対してRはオープンソース。全世界から有志が開発に参加しているので、日々改修が行われています。学会で発表された最新のアルゴリズムも、すぐにパッケージがリリースされ、そのパッケージをインストールしさえすればすぐに使えるようになっています。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54570

    【【IT】Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは】の続きを読む

    music

    1: ギコ踏んじゃった 2008/05/31(土) 14:58:01 ID:NB4qzWyP
    次のフレーズは2度下がってとか、次はIVに変わるとか
    次の小節は反転してとか考えるの面倒くさい

    大体ガキンチョとか分析とかしなくても弾けるのによぉ~

    【【ピアノ】曲の分析ってどうやんの?【鍵盤】】の続きを読む

    このページのトップヘ